FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴来大国町西 完成内見会

鶴来大国町西695番地
4月7日(土)、8日(日)
午前10:00~午後5:30

天狗橋の交差点を左へ曲がってください。
誘導版を目印に。

進化したU-houseをご覧ください。

-ピザ釜のある家-

当日は自家製ピザ釜で焼いたピザでおもてなしいたします。

s-2012.03.23完成 022
スポンサーサイト

立上り打設

立上りの型枠が終了し、コンクリート打設状況です。

s-工事中 045
ホールダウン金物も設置します。
s-工事中 039
後はしばらく型枠の状態で養生期間です。

土間コン打設

今日は温かくなったり、急に雪が降ったり不安定な天候です。
今日は打設も行っております。
s-2012.03.14  午後      土間コン打設 030 (1)
s-2012.03.14  午後      土間コン打設 030 (2)

気温が低いときはコンクリートの強度が設計どおりの強度に満たないため、温度補正といって気温にあわせて
強度をより強いものを使って目的の強度を出します。温度補正は6です。

打設時にもきっちりとバイブレーターをかけてジャンカ(気泡)が出来にくいようにします。
Nさんはいつもお願いしている基礎屋さんです、いつも仕事にポリシーをもって
作業する姿勢には脱帽です。
s-2012.03.14  午後      土間コン打設 030 (5)

土間コン打設後にポツンと残るキッチンの配管です。一本かたがって見えますが、本当に傾がっています、
キッチンのような外まで少々距離がある場合45度に傾けて排水がスムーズに流れるように行います。
ここはK設備さんの仕事です。Kさんいつも御苦労さまです。

配筋検査

若松町の配筋検査です。。s-2012.03.14配筋検査 016
ブログでアップ写真を載せて緊張です、今回は地盤が多少強度のばらつきがあったため
べた基礎と判定されました。この場所は積雪1.5m(金沢市内は八号線より山手がほとんど1.5m)と構造計算をするときに決められています。品格法の仕様によると瓦屋根で積雪1.5mあるとべた基礎の土間の配筋はD13mmの@200mmのダブル(上下)クロスになります。
これが当たり前の基準と思っていました。
検査員の方にこれだけしっかり鉄筋は20件に1件程しかないと、実は鉄筋の解釈は品確法の仕様によるものと設計者の工学的判断によるものとなっております。弊社は品確法の基準にのっとっています世の中のほとんどが設計者の工学的判断となりこの工学的判断がいまひとつあいまいで「本来は構造計算による」とかなんですが、実際積雪1.5mも降らんだろうとか、重い瓦を軽い屋根材と捉らえたりとかで、ほとんどD13mmのシングルのべた基礎が多いとのことでした。検査員は設計者の工学的判断といわれるとそれ以上の追求は出来ないらしく、建築業界こんなんでいいんか!と思いました、(人間では想像できない未曾有の大地震が起こったりと大変な世の中なのに)
気を落ち着け、とりあえず検査は太鼓判を押していただき無事終了です。
でも品確法は消費者保護が一番の目的ではあるけれど正直に工事を行っているところには施工者の保護でもあるんですけどね。今日は少々憤りを感じました                                 s-2012.03.14配筋検査 006

s-2012.03.14配筋検査 002

捨てコン

若松町の工事状況です、捨てコン作業、ざっくりと見えますがべた基礎の土間コンを打つ前の基礎の位置だしと型枠固定のために3cm厚ほどのコンクリートを事前に打ちます、強度上とは関係ないものです。次回はいよいよ鉄筋です。
s-2012.03.07 関札邸 基礎 014
s-2012.03.07 関札邸 基礎 003

地鎮祭 

先日地鎮祭が行われました。
S様邸 若松町です。小さな子供たちのためにも、にこやかな
ご夫婦のためにもがんばらねばしっかり管理をしてゆきます。
s-P2060172.jpg

Extra

最新記事

FC2カウンター

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。